[目次] [続く]

立抗の人員昇降時間
現在の明延探検坑道には「大寿立抗」が残っています。
明延鉱山の最深部は−18L(地下18階)ですが、地上から地下を結ぶ重要な手段が立抗です。
各階の間は30メートルあります。−18レべルでは海面下130メートルにもなるのです。
立抗は鉱石専用(スキップ)と人員、機材を運ぶ立抗があり、明延全体では6本の立抗がありました。
さて、昭和41年2月1日付け社内誌の記事をご紹介します。

人員昇降の時間を変更(大仙立抗)
東坑では、大仙立抗8百尺取明け中の2の方の人員昇降について、 2月1日から当分の間(約2〜3ヶ月)つぎのように、 大仙立抗の人員昇降時間を変更することになりましたので、今後間違いのないよう、ご利用ください。
人員昇降時間
○ 15時15分〜16時30分(1の方退坑、2の方入坑)
○ 17時15分〜17時30分(1の方残業者退抗)
○ 19時〜19時30分
○ 21時40分〜22時(2の方退抗)
○ 22時50分〜23時(2の方時差出勤者退抗)

なお、1の方については従来どおり。
以上の昇降時間外で、緊急非常の場合は赤栄事務所に連絡してください。


いかがでしょうか。
人員が乗って運行する際の昇降速度は毎分150メートル、機材、鉱車の場合は毎分300メートルといわれていますが、 事故防止、安全運転等の立場から時間が決まっていたのです。

養父市立あけのべ自然学校
電話番号079−668−0258

[目次] [続く]

Create:2007.07.22